おすすめ記事

本記事では「抜けないAV女優」という不名誉な称号を獲得したAV女優たちをまとめ、駄作紹介並びになぜ抜けないのかを探求・解説していきます。可愛いのに抜けないAV女優は演技力の無さ、作品自体が駄作、NGが多いなどが挙げられますが、リアルもオワコンな女の子も多いです。

管理人

なお、管理人の独断と偏見100%によって選出されています。なお、管理人は下記に挙げるAV女優たちにもお世話になることもあります、ジャンクフードも時には恋しくなるものです。また、今後「抜けるAV女優」に変貌する可能性も十分にあります。その時には編集・追記したいと思います。

抜けないAV女優ランキング

「抜けないAV女優」のまとめということである程度知名度のあるAV女優でランキングを組みました。どのAV女優も抜けない女の子たちを取り揃えましたので確認ください。

抜けないAV女優1位:三上悠亜

もはや説明不要のAV女優でしょう。元「SKE48鬼頭桃菜」という圧倒的肩書きと共にデビューから現在までそのアイドルフェイス(っていうか本物アイドルやしな)を武器にトップAV女優に座に君臨しています。FANZA内検索数では「深田えいみ」と並んで常にトップ3入りというまさに環境を支配した三上悠亜。ちなみに三上悠亜も明らかに整形顔で、SKE48時代とは別人に成り代わっています。そこら辺も下記にて調査済み。

→「三上悠亜」のプロフィールとおすすめ作品[整形確定?写真で考察してみた]

なぜ、そんなトップAV女優が不名誉極まりない「抜けないAV女優1位」に選出されてしまったのか、それは

演技力が皆無

作品がしょぼい

NGが多すぎる

の3点に尽きます。演技力に関してはいつまでも可愛く喘いでいるだけ。デビュー作品は「慣れてない」感じがよかったけど未だにそこからの進歩が見られないのはいかがなものでしょうか。レイプや寝取り毛系との相性は最悪で、管理人のフェチからとことん離れていきます。

また、作品のしょぼさも特筆すべき低水準であり、明らかにメーカー側が遠慮している感が丸見え。「レイプとは?」というレベル。SMを売りにしている作品でも明らかなガバガバ拘束ともはや作品が成立していません。

最後に「NGが多すぎ」という点。彼女のSNSを見ていればわかるんですがかなり「人気モデル」気取り。案の定、スカトロやアナルはもちろん精子飲みすらNG。「あなたAV女優ですよね?」といつか言ってやりたい。そんな彼女の駄作はたくさんありますが、下記に一つ挙げさせていただきます。

圧倒的なガバガバ拘束、「完全固定とはなんなのか」を考えさせられる哲学的な要素をもったAV。例として挙げましたが、レイプ系特にSM要素が絡んだ作品は全てゴミです。抜くために視聴するのはナンセンスなので気をつけましょう。

筆者:田中

元トップアイドルっていうだけで価値があるのは否めません。本サイトでは「AV女優堕ちした元芸能人・アイドルまとめ」という記事でおすすめAV女優をまとめてあります、是非チェックしてみてください。

抜けないAV女優2位:蓮実クレア

抜けない理由はただ一つ「ブサイクすぎる」というところ、ファンの方すいません、よければ彼女の魅力を教えてください。「そこらへんのスーパーにいるおばさん」としてデビューして欲しいレベルの水準。彼女の魅力はダイナマイトおっぱいを除けば明らかに一昔前の水準であり、現在の可愛い子がわんさかデビューするAV業界においての彼女は明らかに戦力外。あるインタビューにて決死の告白として「学生時代は陰キャラだったんです」と言っていましたが、「でしょうね」としか思いません、良作も特になく、ひたすら微妙な水準のAVを更新している印象。

無修正作品にも出演した「足立亜美」名義の写真も用意しています、めちゃくちゃブサイクですのでのぞいていってくださいw

→「蓮実クレア」プロフィールと代表作[整形前の写真もブサイクだった件]

色白でムチムチな肉感は素晴らしいんですけどね、如何せん顔が残念。。。

抜けないAV女優3位:深田えいみ

現在の人気っぷりは異常な「深田えいみ」がランクイン。というのも完全に彼女から表情が失われているからなんですよね。「整形のやり過ぎ?単純に演技力がないだけ?」とバンバン新作に出演しているのに演技力が向上しないのが不思議でたまりません。なお、色白な体つきに大改造で別人とかしたとまで言われる彼女の美貌は2020年トップAV女優の名に恥じないS級です。

→「深田えいみ」のプロフィールとおすすめ作品3選[深田えいみ整形画像まとめ]

総括するならば「明日花キララの下位互換」といったところでしょう。そんな彼女の駄作はこちら。

監禁という概念を完全に超越した作品「お前、逃げれるだろ」という場面でことごとく逃げない、いや、逃げれないという精神的描写まで描いたドキュメンタリー作品に仕上がっています。

抜けないAV女優4位:波多野結衣

意外と思われる方も多いかもしれません、まさにレジェンドAV女優「波多野結衣」。も最近の作品はかなり甘えが出ています。SM要素も弱ければ、レイプされれば喘ぎ声がうるさすぎると全然抜けません。絶世期に抜き過ぎてしまったということもあるかもしれません。

→「波多野結衣」のプロフィールとオススメ作品5選[AV女優解説]

ちなみに冷静になるとわかりますが、波多野結衣作品は駄作も多いです。例えば以下の作品。

「バッドマン」のパロディAVなら誰もがハーレイクイーンのコスプレだと思うでしょう、世界のHATANOは違うんです、Jokerのコスプレなのです。海外の2ちゃんねるのようなサイトでも取り上げられ世界中で笑い物になってしまいました。ちなみに波多野結衣本人も黒歴史AVと認めているようですw(上原亜衣のYouTube情報)

抜けないAV女優5位:麻生希

10頭身というパワーワードで売り出され、業界にしては珍しくジャケ写詐欺がなかったというモデル顔負けの極上スタイルをもつ麻生希もここでランクイン。写真ではわからない「ダミ声」が致命的で、イキ顔は非常に素晴らしいものの演技力もなく、ひたすら大声で喘ぐのみというダメダメAV女優のテンプレ。ファンの中では「初期のプロデュースに失敗しただけだ」と言われています。確かにSMよりの「白目剥いちゃう」系の作品が多過ぎた感じも否めません。ちなみに彼女は覚醒剤取締役法にて逮捕されていますが、作品後期は実際に呂律が回っていないです、クスリだめ絶対。ギャル系AV女優7選にも選出されていますので要チェックではあります。

→「麻生希」のプロフィールとおすすめ作品5選[AV女優解説]

前述の通り、覚醒剤の影響がもろに出ている作品。正常な思考はしているのかがわからない無修正作品になります。が、テレビで見たことがある絵に描いたような薬中の呂律に気を取られて抜くどころじゃありません。

抜けないAV女優6位:小向美奈子

薬物中毒者が連続でランクイン。未だに枕の噂が絶えないグラビアアイドル業界からの殴り込み枠ですが、確実に旬が過ぎており、総括するならば「ただのデブのおばさん」。ポチャ好きな私でも拒否反応起こすレベルの汚デブであり、グラドル時代の彼女はもうすでに存在しませんでした。

→「小向美奈子」のプロフィールとおすすめ作品3選[全盛期の美人写真アリ]

駄作も何も存在しません、全てが駄作ですから。スライム乳が好きな方にはハマるんでしょうか?

とりあえず無修正作品を。が、これもハードさが一切ありません。なぜかお高くとまっているのでしょうか。

抜けないAV女優7位:ANRI

元芸能人「坂口杏里」という最強の肩書きを持ってAVデビュー、バイきんぐ小峠の元カノという話題性も相まって非常に注目されました。が、箱を開けてみると未処理な尻毛が気になるというレビューが殺到、かつ初AVとは思えない透明感・初々しさのなさに演技力もなく、案の定、速攻で人気がなくなってしまいました。

ちなみにAVデビューの理由はホスト狂にて破綻したことにありますが、現在もかなりどん底生活のようで、これまた覚醒剤疑惑がかかる動画(アザだらけでらりって叫んでる動画)やパパ活を一日50万で募集するなど悪い意味で話題を集めています。

ANRIの作品をみるならばやはりデビュー作品一択。のちの作品では尻毛が処理されてしまうのでもはや魅力激減ですw

抜けないAV女優まとめ

本記事では不名誉極まりない「抜けないAV女優7選」ということでまとめました。「三上悠亜・蓮実クレア・深田えいみ・波多野結衣・麻生希・小向美奈子・ANRI」と人気AV女優の方も多くいます、お口直しに「絶対に抜けるAV女優まとめ」も置いておきますのでぜひご活用ください。また、本サイトではオナニーライフの向上を目指し日々アダルトなコンテンツを発信しています。お気に召しましたらTwitterでの拡散、ブックマーク等お願いします。ではまた。

おすすめの記事