おすすめ記事

無人駅[エロ漫画レビュー]

▶︎「無人駅」をFANZAでチェックする

▶︎「無人駅Ⅱ」をFANZAでチェックする

▶︎「無人駅Ⅲ」をFANZAでチェックする

本記事では作者「ひっさつわざ」のエロ漫画「無人駅・無人駅II無人駅Ⅲ」について出演キャラ・あらすじ・内容・展開についてレイプ・凌辱・SMフェチの筆者がエロ漫画レビューしていきます。

  1. 良作の凌辱作品
  2. 汗や汁などの描写が素晴らしい
  3. 1冊あたりのボリュームが少ないのでコスパが悪い

筆者の評価「Rank4」

  • 作画    「★★★★★」
  • 過激さ   「★★★★★」
  • 凌辱感   「★★★★★
  • 再抜き度  「★★★★★」
  • 総合評価  「★★★★★」

ジャンル「レイプ・輪姦・JK」

ⅠとⅡでは1対1のレイプ展開、Ⅲでは2対2の輪姦展開になります。基本的にJKレイプ作品に忠実。イラマチオ・中出しなどのハードなプレイも多く収録されています。

出演キャラ紹介

本エロ漫画に出演するキャラをご紹介します。

ヒカリ

本エロ漫画の悲劇のヒロイン第一号「ヒカリ」。ⅠとⅢに出演します。あどけない恥ずかしがりな女子高生。誰もいない路線でキモ男系レイプ魔「じゅん」に目をつけられたのが絶望の始まりだった。

ルナ

ⅡとⅢに出演する「ルナ」は無人駅にて村上のターゲットとなってしまう。割とツンツン系な女子高生ですが、抵抗するも虚しく、処女喪失してしまいます。

個人的にはこういう女の子が一番凌辱作品として敵役だと思います。なお、レイプ動画はしっかりと撮影され、脅迫され続けてしまう。

じゅん

素性不明のデブメガネ。歴戦のレイパーとして数々の女子高生を食い尽くしている。

村上

「村上」は冴えないサラリーマン。会社では年下の課長にお荷物扱いされている。

ある日、「じゅん」が無地駅にてヒカリをレイプするところを目撃し、レイパーとなることを決心する。

あらすじ・展開・流れ

Ⅰでは、無人の電車内でヒカリと鉢合わせになったキモ男「じゅん」はセクハラをするシーンから始まります。見て見ぬ振りをするものの、徐々にセクハラはエスカレートし、最終的には言いなりレイプされてしまいます。

Ⅱでは、そのレイプの一部始終を実は見ていた「村上」がうだつの上がらないサラリーマン生活からレイパーになるという展開。最初のターゲットとなったのはツンツン女子高生「ルナ」であった。力づくで犯され、ハメ撮り動画も撮影されてしまったルナは村上の言いなりになるしかなかった。

Ⅲでは「村上」が「じゅん」に接触するとこから始まる「おもちゃ(JK)の交換」を承諾した彼らはいつも通り、無人駅で集合し、互いのおもちゃを嬲りあうのであった。

抜きどころ・おすすめシーン「中出しレイプ」

Ⅰの抜きどころでいえば、ヒカリちゃんが完全に言いなりになってしまうシーン。挿入されながら「淫語」を言われながらイカされる純白JKというのは非常にシコリティが高いです。

とは言っても、Ⅱのヒロイン「ルナ」の方が筆者としては好みです。凌辱作品との相性が高い「ツンツンJK」というキャラ設定がまず最高。慣れないセックスを強要され、涙を流しながら中出しされるシーンは非常に被虐感があり抜ける良シーンに仕上がっています。

感想・一言

「ひっさつわざ」らしいハードな展開です。キモ男の雰囲気は完璧。ヒロインは特にルナちゃんが好みです。

が、もうちょっと責めがねちっこかったり、SM要素だったりが含まれていればもっと素晴らしい作品になっていたと思います。

作品リンク・無料エロ漫画

現在、FANZAでは「電子書籍読み放題サービス」が4週間無料で利用できます。視聴できる作品数も5万を超えているので必ずシコれるエロ漫画見つけられるはずです。

登録がまだな方は単品購入を重ねるよりも確実にお得に利用できるのでチェックしてみましょう。

作品リンク

無人駅

330円

おすすめの記事