私が家畜になるまで[エロ漫画レビュー]

本記事では作者「楽園屋」のエロ漫画「私が家畜になるまで」について出演キャラ・あらすじ・内容・展開・抜きどころ・おすすめシーンについて年間500冊以上のエロ漫画を読破しレイプ・凌辱・SMフェチである筆者が徹底的にエロ漫画レビューしていきます。下記に無料サンプル画像も用意してあります。

  1. グロ系エロ漫画サークル楽園屋の作品
  2. 程よいボリューム感

筆者の評価「Rank3」

▶︎他のエロ漫画レビューをランク別にチェックする

作画    「★★★★★」

過激さ   「★★★★★」

凌辱感   「★★★★★」

再抜き度  「★★★★★」

総合評価  「★★★★★」

このエロ漫画のジャンル:拉致・監禁・調教・JK

JKではあるものの制服要素は序盤のみ。

拉致監禁され商品として調教されるという展開です。

羞恥プレイがメインでSM要素等は弱め。スカトロ要素もありますので閲覧注意です。

出演キャラ紹介

本エロ漫画に出演するキャラをご紹介します。

新藤綾芽

開幕から拉致・監禁され檻の中で目を覚すお嬢様女子高生が本作品の悲劇のヒロイン。

私立に通う清楚な女の子が鬼畜に犯され調教・拷問される物語。

あらすじ・展開・流れ

目が覚めるとJKは拉致・監禁されていた。

拷問官が現れ無慈悲な性的な拷問が開始されるのであった。

●あらすじ
私立色月女学園に通う生徒、新藤綾芽は牢屋のような部屋のベッドの上で目を覚ます。
体には首輪がつけられ、どこからか女性の叫び声が聞こえてくる。
困惑する綾芽の前に作業着を着た3人の男が現れる。
一人の男が綾芽に短く歓迎の言葉を掛ける。

「ようこそ『農場』へ」

綾芽の言葉を待たず、男は言葉を続ける。

「それでは早速始めましょうか…」
「調教飼育を」

抜きどころ・おすすめシーン「スカトロ脱糞」

排泄管理というこの世で最も厳しい羞恥プレイ。

そもそも男どもの糞や尿を強制的に飲まされて脱糞させられるお嬢様JKという展開がエロいですね。

感想・一言「楽園屋にしてはソフト?」

鬼畜な作品をリリースすることで有名な楽園屋にしてはソフトな内容だったかなと思います。

ボリューム感は程よく、展開・エロ描写に関しては文句なし。陵辱系が好きな方は他作品も合わせてチェックしておきましょう!!!

関連・同ジャンルのおすすめエロ漫画

本エロ漫画とシナジーの噛み合う良作エロ漫画を紹介します。

監獄教室

魔女の落日

作品リンク・無料エロ漫画

現在、FANZAでは「電子書籍読み放題サービス」が4週間無料で利用できます。視聴できる作品数も5万を超えているので必ずシコれるエロ漫画見つけられるはずです。

登録がまだな方は単品購入を重ねるよりも確実にお得に利用できるのでチェックしてみましょう。

作品リンク

おすすめ記事