おすすめ記事

Ⅰ)やまぐちりこ:基本データ

やまぐちりこ 制服
身長158 CM 
スリーサイズ88 - 59 - 85 cm
ブラのサイズF

管理人評価:ランクA

  • 顔    「★★★★★」整形なしの本物アイドル
  • スタイル 「★★★☆☆」印象としては乳輪がでかい
  • 作品   「★★★☆☆」無修正なし、作品数も少なめ
  • 演技力  「★★★☆☆」棒読み。
  • SM適正 「★★★☆☆」以外にSMモノやレイプモノに出演
  • 総合得点 「75点

言わずと知れた伝説のAV女優堕ちしたアイドル

元AKB48ということで瞬きまにAV業界を支配したAV女優、本物アイドルの乳輪が大きいのは誰もが興奮したことでしょう。三上悠亜や高橋しょう子のデビューも話題になり、現在でも人気絶頂の彼女たちですが、それらと比較しても圧倒的な衝撃でした。

元AKB48前田敦子のライバル

まだ、売れていなかったAKB48時代ではセンターを務めたこともある本物の元アイドル。AKB48時代は「中西里菜」名義

ちなみに「三上悠亜」などの元祖にあたる元アイドルAV女優枠。AKB48の人気とともに当時彼女のAVはバカ売れしました。

そんな彼女の絶世期AKB時代からAVデビューし当時非常に話題となりました。引退後から現在までの躍進は下記にまとめておきます。壮絶です。

ジャンルはアイドル系

AKB48のコスプレモノを超え本物がデビューするということでAV業界的に衝撃が走りました。後半では緊縛モノにも出演と以外にも作品数は多めです。

現在はAKB48の事務所と揉めており作品が購入できない

残念ながら新規タイトルはもちろん、旧作も購入不可となっています。ここら辺は橘梨紗と同じ感じですね。

Ⅱ)やまぐちりこ:SNS情報

一切やっていません。

一応彼女のAKB48時代のインタビューを貼っておきます。夢いっぱいです。ただのジャージ姿だけどポテンシャル十分、他のメンバー(のちの神セブン)と比較しても頭ひとつ抜けて可愛いです。

Ⅲ)やまぐちりこ:AKB時代から現在まで

それでは時系列順に中西里菜から「やまぐちりこ」へと進化の軌跡をまとめていきます。

最初期:AKB48「中西里菜」時代

はい、めちゃくちゃ可愛いです。

2005年にAKB48が発足して、2008年に体調不良から卒業。2010年に皆さんご存知「ヘビーローテーション」でAKB48は既に社会現象に。

つまり、あと2年粘れれば芸能人として華々しく生活できました。人生何があるかわかりませんね。

AKB48卒業後は様々な事務所をたらい回しに

最初は圧程度聞いたことある名前の事務所ですが、徐々によくわからない事務所移籍が重なります。最終的には大分の実家に帰るということで落ち着きました。

一時グラビアアイドルとして活動していたようですが、話題にもならず終了。まさに泣かず飛ばず状態、売れていく古巣AKB48を見ているのも非常に辛かったでしょう。

2010年AVデビュー

そう、前述の「ヘビーローテーション」が発表された年にAVデビューです。売れないわけもなく、デビュー作品から3作品がFANZA下半期トップスリーを独占するなど、異常事態に。

ちなみにAV女優転向後にAKB48側に訴訟されたことで本人と断定されました。その辺の契約は彼女以降さらに厳しくなったと言われています。

なんか独占禁止法にひっかかりそうですけど、大丈夫なんですかね。

ちなみに、AKB48同窓会でも隅で高橋みなみ等と抱き合っていたと言います。枕の暴露をしたことで一時期もめていたそうですが、元メンバー間でもなんだかんだ仲が良いようです。

AV業界引退から現在の様子

2012年にAV引退後、一枚目のアイドル時代の透明感はどこに行ったんだと言わんばかりの安いヤンキーに成り下がり2012年に結婚。もちろん、できちゃった婚なのでご子息もいるようです。

現在はキャバクラで生計を立てているようです。

まさに転落人生ですね。

Ⅳ)やまぐちりこ:オススメ作品3選

契約が終了したためか現在(2020年)作品の購入はできません。

1位「学園コスプレ 超極小デジタルモザイク 国民的アイドル やまぐちりこ

女子校生のコスプレモノになります。まったく制服に痛さがないあたり、やはり本物のアイドルです。個人的イチオシシーンは保健室で教師に拘束されて電マ責めされるシーンです。

2位「日本中が待望した国民的アイドルやまぐちりこ AV DEBUT やまぐちりこ

AKB48時代は本当に彼氏なんて作っている余裕はなかったらしく、経験人数は一人だそうです。つまり、本作品が2人目。まだぎこちなさがバリバリあって抜けます。

3位「敏感なカラダ。ピクピクしちゃった やまぐちりこ

緊縛シーンがあります。もちろん責めは甘く拘束もガバガバですが、いいんです。

Ⅴ)やまぐちりこ:総評

加点要素

  • 最強すぎる「元AKB48」という肩書
  • 話題性もマックス
  • 緊縛作品がある
  • 良い意味でプロ感が薄い

減点要素

  • 作品数が少なすぎる
  • 作品の責めは甘い

総評:管理人一言

元AKB48という肩書がまず強すぎます。顔も可愛いです。彼女の転落を考慮したら全く凌辱要素がない作品であっても凌辱モノと言えるでしょう。

こんなAV女優もう出てこないのではないか。そう思わせるまさにファンタジーの世界にいるAV女優です。

Ⅵ)やまぐちりこ:エロ画像

おすすめの記事