おすすめ記事

ユメカ ウツツカ[エロ漫画レビュー]

本記事では作者「サイクロン」のエロ漫画「ユメカ ウツツカ」について出演キャラ・あらすじ・内容・展開についてレイプ・凌辱・SMフェチの筆者がエロ漫画レビューしていきます。購入前に参考に利用してください。

  1. サイクロンの描写・作画は相変わらず神
  2. 催眠系のレイプ動画
  3. 続編が期待される87ページ

筆者の評価「Rank4」

  • 作画    「★★★★★
  • 過激さ   「★★★★★」
  • 凌辱感   「★★★★★」
  • 再抜き度  「★★★★★」
  • 総合評価  「★★★★★」

ジャンル「催眠・レイプ・JK」

本エロ漫画は鬼畜担当教師によるJK催眠レイプ系のエロ漫画。エロ漫画らしくファンタジー要素が強く、催眠術に非常に焦点が置かれた展開になるのでそこら辺は好みが分かれるところかもしれません。

出演キャラ紹介

本エロ漫画「ユメカ ウツツカ」に出演するキャラをご紹介します。

斉藤美咲(さいとうみさき)

当エロ漫画のヒロインは「斉藤美咲」。JK3年生で新学校に通っており、大学受験のため勉強漬けの日々を送っている。かなり男勝りな性格であり、口が悪く典型的なツンツン系の女子。彼氏持ち。

担任教員

斉藤美咲の担任教員。一般的な教員であるように見えて、巧妙な催眠術士でもある。当エロ漫画の鬼畜枠であり、かなりの策士でありさまざまな罠を仕掛けターゲットを追い詰めていく。

今回はなかなかうまく催眠がかからなかった斉藤美咲への最後の仕上げを行う物語。

あらすじ・展開・流れ

受験勉強に勤しむ斉藤美咲は、鬼畜担任教員によって催眠術にかけられ調教されてしまうという展開。

最初は催眠術にかけられる記憶すらなく、暗示によって性欲ばかりが増徴されることに違和感を覚えているのみであるが、策士である鬼畜担任教員によって現実でも犯されるものの抵抗ができない状態へと追い込まれ、最後は題名通り「夢」なのか「現実」なのかが判断できない状況まで追い込まれてしまうのであった。

抜きどころ・おすすめシーン

現実世界でのレイプシーンが本エロ漫画の抜きどころ。ハメ撮りをネタに無理矢理犯され、理性を保ちつつ必死に抵抗するも暗示をかけられ調教された身体はいうことを聞かずにイキまくってしまうという展開。

恥ずかしがりながら、抵抗しながら犯されるJKの表情の変化や汗・愛汁表現など「さすがサイクロン作品だ」と思わせてくれるシコリティの高い良シーンと言えるでしょう。

感想・一言

催眠術系ということで「なんでもあり」感が強く出てしまっている展開ではあります。陵辱系が好みな筆者がもっと心理的な描写、抵抗が欲しかったところです。

まぁ、サイクロンの作品なのでフルカラー・作画の安定感は非常に高いです。ちょっとした絡みのシーンもしっかり描かれています。

作品リンク・無料エロ漫画

現在、FANZAでは「電子書籍読み放題サービス」が4週間無料で利用できます。視聴できる作品数も5万を超えているので必ずシコれるエロ漫画見つけられるはずです。

登録がまだな方は単品購入を重ねるよりも確実にお得に利用できるのでチェックしてみましょう。

作品リンク

公式作品ページ
おすすめの記事